2017年11月27日月曜日

NSD 13: ジャンピー

ジャンピーはかわいい メスの犬です。


その名のとおり、ジャンピーの特技はジャンプすること。

ビスケットを手に持ってあげるとなんと1M近くジャンプするんです。


ジャンピーもジャンプが成功してほめられると いつも エヘンって感じで喜んでます。

こういう特技も それぞれの犬の個性です。


NSD13 
名前: ジャンピー
年齢: 3-4歳
性別 雌

特徴: まだ新入りの方なので先輩犬の顔色を伺いながら控えめにえさを食べます。
    飛んで食べる特性はジャンピーだけなので、飛んで食べるときだけは先輩の顔色を気にせず、食べる喜び、飛ぶ喜びを感じてます。
    

通い犬

ネパールの村には、けっこう 通い犬がいます。
(↑通い犬って、私がつけました。そんな言葉、あるのかしら)

通い犬とは、2つおうちがあって、 1個はこの村、もう1個は別の村。

2-3日に1回、1週間に1回、気ままに おうちを行き来 する 気ままな 通い犬がいるのです。

村の犬は首輪をしてないので、 ときどき 冒険にでて、 冒険にでたところの おうちでかわいがられると なついてまた再びもとのおうちにもどってくる という なんともうらやましいお話。


それだけ人間に愛されてるということでしょうか。


たとえばこの子。

体は大きく、人間も犬も大好き。

だれかれ見るととびかかってくるので、 飼い主さんが 「やめなさーい!」と怒鳴ってつれていこうとしますが、意味なし。
飼い主さんは「あいつは 仕事もせず 毎日遊んでばかりいて~」とおかんむりです。


大きな体で私に飛びかかろうとして

こっぴどくしかられました。 「こりゃ!」 「いやーん」(↑ふりだけですよ)

しかし ぜんぜん こりないこの子は、怒った主さんに 今度喜んで飛び掛り、 主さんを倒して そのまま 全速力で 走ってどこかに逃げていきました。(笑)


村の上に移動したら今度は犬同士で全力で遊んでました。

「いやっほーい」

「いえーい」 

「たのしーい~ ゆかい~」

こんなに 犬なつっこく、人なつっこい犬がいるのねえ、と感心していたら、次の年はこの子も通い犬に。

どうも山の下に もう一つ家を見つけて 山の上と 行き来してるらしい。


 愛されるって素晴らしい。

2017年9月2日土曜日

野良犬と洗濯物

アルジュンに隠し撮りを察知され、アルジュンのみ カメラ目線です

2017年8月27日日曜日

カイリとカリアマの関係

犬には上下関係があり、強い犬がえらいというシンプルなルールがあります。


たとえばえさを同時にあげても強い犬が一緒だと弱い犬は口の前に持っていっても怖くて食べません。


カリアマは年とったけど、その昔はとっても強い肝っ玉母ちゃんだったと推測できます。

カリアマにえさをあげてるときは、誰も近づいてきません。



ときどきグレードアップしたえさをあげるのですが、たいてい強い犬が全部たいらげてしまうので、最近は1匹1匹 影に隠れて呼びつけ、えさをあげます。


先日カリアマを影に呼びつけ、えさをあげていたら カイリに見つかってしまいました。


しかし カイリも一緒にあっという間に えさをたいらげてしまいました。





驚いたことに カリアマはカイリが一緒に食べても 怒ることをしませんでした。



最後まで一緒に2匹で食べている姿を見て、カイリは実はカリアマの娘さん なのかもしれないと
思ったのです。


左がカイリ で 右が カリアマ です。


美人の母の娘さんも 美人。




2017年8月18日金曜日

NSD 12: カリアマ

カリアマというのはこちらの黒い犬の名前。

目のまわりの白い毛は、皮膚病が完治してあとからはえてきた、きれいな毛。
カリ=黒い
アマ=お母さん

からカリアマ。


カリアマは毎年毎年出産を繰り返し、免疫力が衰えて、ひどい皮膚病になりました。


実はご近所の総勢15匹の野良犬たちの治療と避妊手術のため、野良犬を受け入れてくれる団体に、1週間ほど引き取ってもらいました。(そのお話はおいおいゆっくりと・・・)



その際カリアマも一緒に連れて行ってもらいました。





避妊手術を終えた野良犬たちは元のエリアにもどされましたが、カリアマの病気はなかなか治らず、結局他の犬よりも5ヶ月遅くもどって来ました。

カリアマがもどったとき、私は日本にいたのですが、ドクターたち、ちゃんと元の場所にもどしてくれました。




再びカリアマにいつもの道で再会したとき、「ああ、無事に帰ってきてくれたんだ」 1人と1匹でひしっと抱き合って喜びました。




皮膚もすっかりきれいになって、ドクターには本当に感謝です。
きちんとした治療を受けたら、こんなにもきれいになるんだね。と感動しました。




カリアマも避妊手術を終えたので、もうご隠居さんです。

7-8年くらい続けて出産を毎年していたので、カリアマの体はぼろぼろ。

足も怪我してびっこひいてるし、歯もほとんど残っていません。


今ではやわらかいビスケットしか食べれないんだけど。


カリアマの最近の日々は穏やかです。


穏やかな日々を過ごしてほしいな。







NSD12 
名前: カリアマ
年齢: 8-9歳
性別 雌

特徴: ビスケットを食べるとき、毎回くるっとくびを45度回転させて食べる
     実は子沢山の肝っ玉母ちゃん。ここいらじゃあ結構強いんです。













2017年7月30日日曜日

ボディガード

野菜を買いに外にでると、大体顔なじみの野良ちゃんがついてきます。


犬は本当に不思議な習性があり、人の前を先導して歩きたくなるという本能的な行動。


私と一緒に歩くことで、自分の縄張りをちょっとだけ越えて遠くにいけるというなんだか不思議なシステムも、犬の世界にあるみたいです。


この日もアルジュンカンダ君が2匹で私についてきて、結局先導して歩いてくれました。

「おでかけ? おれも いく~」(アルジュン)

八百屋さんに着くと、店主にくすっと笑われ

「今日はボディガード、2人?」とからかわれました。


私が買い物中はさすがにお店には入れないので、外で待機。


買い物が終わると、一緒についてくるかな~と思いきや。


カンダ君は私におしりを向けてぐーすかぱーすか寝ておりました。


「おーい、カンダくーん」と声をかけても 無視・・・・

結局アルジュンと2人で帰りました。


帰り道は ボディガードは 1匹に・・・。

なんとも気ままなボディガードです。






2017年6月28日水曜日

NSD 11 優しい犬 カイリ


NSD 11
名前: カイリ(ネパール語の茶色KhairoからKhairi)
年齢: 2-3歳
性格: おとなしい、控えめ、おなかがすいていても小さい犬のためなら我慢する、とっても優しい犬です。もうちょっと小さいときは、子犬のごはんを横取りしてみんなに怒られていましたが、最近では率先して弱い子犬のえさはとらず、じっと自分の番を待ちます。

小さいとき、寒さで目が充血していてちょっと病気だったけれど、最近は本当に健康になりとっても美しい犬に成長しました。